良きお米ディア

お米の良さ、おいしいご飯を知ってもらうお米のメディア

*

おいしく炊ける!お米の研ぎ方

      2015/01/07

炊飯器にセットしてスイッチを押すだけでご飯が炊けてしまう今の時代、便利なものですよね。炊飯器も発達しているので、誰でも手軽においしいご飯を炊くことができます。

けれど、炊飯器にセットする前のお米の研ぎ方を失敗すると、炊き上がった後もおいしくなくなってしまうのをご存知でしたか?

実は、ご飯がおいしくなるお米の研ぎ方があるのです!早速チェックしてみましょう。

美味しい研ぎ方

 

お米の研ぎ方はなぜ大事?

正しくお米を研ぐと、同じ炊飯器で炊くお米でもおいしく炊きあげることができます。でも、なぜおいしさに違いが出るのでしょうか?

なぜお米を研ぐのか

そもそも、お米を研ぐ目的は、お米の表面に付着しているゴミやぬか、油などのにおいを取り除くためです。

昔は精米した際に、ぬかが残っていることが多かったのですが、最近では精米技術が向上し、無洗米といって米を洗う必要のないお米も増えてきました。なので、そこまで神経質になる必要はありませんが、お米の表面を研いできれいにするとおいしくなるのは事実です。しっかりと正しい方法でお米を洗って、おいしいご飯を炊きましょう!

 

スポンサーリンク

 

水分を吸収させないことがポイント

お米を研ぐ工程でもっとも注意が必要なのは、一番はじめの水洗いのときです。

なぜなら、乾いたお米は、最初に水に浸したときにもっとも水を吸いやすいからです。最初に浸した水には、お米に付着したぬかやにおいの元が多く含まれています。そんな水がお米に吸収してしまうと、ぬか臭いご飯になってしまいます。古いお米であればあるほど臭いを吸いやすいのでご注意を!

とにかくスピード勝負

最初の水洗いのときのポイントは、水を一気に注いで、底から全体を大きくかきまぜ、すぐに水を捨てること。とにかくスピード勝負で、さっと行いましょう。

お米への水の吸収をできるかぎり減らすためには、お米を冷蔵庫に入れてあらかじめ冷やしておくと良いでしょう。お米を冷やすと、米粒の表面がしまるので、水を吸収しにくく、ぬかや汚れも落ちやすくなるといわれているからです。

 

お米の研ぎ方

では、おいしく炊けるお米の研ぎ方を一通り順を追って見てみましょう。

  1. 180mlの計量カップでお米を正確に測ってボウルに入れる。
  2. 研ぐ前にサッと洗ってすぐに水を捨てる。
  3. 水をしっかり切ったら、すぐに米を研ぎ始め。
    手の平をやんわりとまるめた状態で、米をつかむようにしてシャカシャカと優しくかきまわす。
    このとき、米をぎゅっとつかんでゴシゴシこすりあわせる必要はない。力を入れ過ぎないようにする。
  4. 研ぎ終わったら、水を入れて白く濁った研ぎ汁を捨てる。底に残っている汁をしっかりと入れ替えるようにする。
  5. 水をためて研ぎ汁を捨てる作業を合計3回程度行って、ある程度透明になったら完了。
  6. 必要な量の水を入れる。
  7. 炊飯器にセットする。

 

こんな炊き上がりはこうして改善!

もし炊き上がったご飯を食べているときに、ベタベタしていると感じたら、水の入れ過ぎや、研ぐときに力を入れ過ぎているのが原因です。

反対に、パサパサしていると感じたら、水が少ないことや、研ぎが少ないこと、研いだ後の浸水時間が長かったことなどが考えられます。

また、嫌な臭いがしたら、最初に水を入れたときに手早く水を捨てなかったことが原因かもしれません。

 

研ぎ方によってこんなに変わるご飯の味。ぜひいつものやり方を見直して、おいしいご飯を炊きましょう!

 - お米の知識, 研ぎ方 , , ,

  関連記事

玄米の取り寄せ
玄米を農家からお取り寄せする際に知っておきたい3つのこと

よくテレビや新聞、雑誌などで見かける「玄米食は健康にいい」というお話。 一時はブ …

お米の防虫
お米の防虫対策!どうしてる?

みなさんは普段からきちんとお米の防虫対策をしていますか? 「えっ、お米って保存す …

精米所の使い方
今さら聞けない!精米機の使い方

あなたの家の近所に、「コイン精米機」があるという方は手を挙げて! 「はいはーい! …

お米の起源
意外に知らなかった。。。お米っていつ、どこから伝わってきたの?

普段、何気なく毎日食べているお米。 いつ、どこから伝わってきたのかを考えたことは …